子ども達と一緒にいろんな事に挑戦するママ&パパ日記 *** コメント&トラックバック大歓迎! ***
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
岩の穴で眠るドリー
20050210151228.jpg

岩ごと持ち上げて捕獲!
再度白点病治療の為隔離です。

土曜日の夜、ドリーが体を岩に擦り付けているのを発見。
「また、病気になったのか?」と思い体を見たのですが
特に変化はありませんでした。

ところが…

日曜日の夜見ると体に白い点々が。。。
これくらいなら、自力で治るかな?と思っていたら
月曜の朝見ると体中に広がっています。

しかも、仲良しのウズマキ君にスリスリとしています!
「うつるから、くっつくな!」と言っても通じる訳もなく
夜、仕事から帰って見ると…
2匹とも真っ白!
他にも、バック・ニモなども点々が付いています。

ドリーは岩ごとすくったので、比較的楽に捕まえられたのですが
他は大変です!
悪戦苦闘の末どうにかウズマキ君とバックを捕獲。
やっと隔離しました。
そんな事をしていたら日付が変わってしまいました。。。

中々安定しない水槽。
早く、病気治療から開放されたい。
でも、魚達の方こそ「病気になる様な管理をするな!」
と、きっと思っている事でしょう。

思い当たる事があるのでなんとも言えません。
もっと気をつけなければ。

PS
ドリーは狭い所に挟まって眠る習性があるので、岩の中で横になって寝ています。
中々カワイイです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ホント魚捕まえるの大変ですよね。私も水槽引越しの時まいりましたよ。

 白点病早くよくなればいいですね。海水魚と熱帯魚では、治療のしかたちがうのですかね。
2005/02/15(火) 11:27 | URL | wikky #-[ 編集]
まだまだご苦労が続きますね。

白点病はなかなか完治しないものなのですね。
ドリーは狭いところが寝床なんですね、可愛らしいですね。

早く良くなりますように!
2005/02/15(火) 13:49 | URL | tomo #-[ 編集]
隔離治療で魚達の白点病が治っても、
水槽に戻すと再発してしまうのは、
水槽に白点菌が蔓延しているからですよね。

水槽自体を治療するためには、やっぱり
無脊椎と一緒に飼うのは難しいのでしょうか?
2005/02/15(火) 14:21 | URL | ヤマチュウ #-[ 編集]
>wikky さん

隔離するのが一番大変です。
エビやらイソギンチャクやらが居ると、水槽内に薬を入れられないので
魚を隔離するのですが、これが捕まりません。
そして苦労して捕まえて治療しても、水槽内にはまだ白点虫が居るので再発!
水槽が安定すると不思議と病気にならなくなるのですがそれまでは・・・

治療法はマラカイトグリーンやグリーンFなどを使うので、
基本的には同じだと思います。
銅を使う方法もあるのですが、これは濃度調整が難しいのでわたしはやりません。
あと、淡水浴なんてのもあります。
淡水だど逆に塩を入れる治療法がありますよね。

>tomo さん

ありがとうございます。本当に早く治ってほしいです。
ドリーは狭いところに挟まって寝るので、カワイイですよ。
あと、死んだ真似もします。

tomoさんも早く耳鼻科から解放されると良いですね!

>やまちゅう さん

白点が居ない水槽はありえないそうなので、これはもう我慢比べだと思います。
わたしも、水槽に直接薬をドバドバーっと入れてしまいたい衝動に駆られています。
早く安定した状態にならないかな~と思って日夜隔離作業に追われています。
2005/02/15(火) 14:51 | URL | ma2 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ma2papa.blog2.fc2.com/tb.php/54-85d9204c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。